もう、ご存知だと思いますが・・・

こんにちは、アラサー女子です。

ダイエットに悩む同士(笑)であれば、もうご存知ですよね。

糖質 = 炭水化物 - 食物繊維

これが糖質です。

炭水化物から食物繊維を引いた残りが糖質になるのですが、食物繊維はごく少量なことが多いので、炭水化物の量がほとんど糖質だと考えていいと思います。

まずは心構え!

コンビニやスーパーで買い物をするときは必ず成分表をチェックしました。

これはぜひ、癖にしましょう!

最近はメーカーも意識してくれているのか、糖質と食物繊維が記載されているものもありますし、糖質の記載がないものは、炭水化物として記載されています。

以前は何も考えずに食べていたパンやお菓子類など、今はとてもじゃないですが恐くて食べられません・・・菓子パン類はバケモノです・・・特にメロンパン・・・1個で1,000kcalを超えるんですから!

1個でその日一日分の糖質が余裕で含まれているものがたっくさんあります!

その食べ物に何がどれくらい含まれているのか、知ることも大切なダイエットのコツですね。

摂取してよい糖質量を把握!

低糖質ダイエットには、下記の通り3つの段階があります。

① スーパー糖質制限

1日あたりの糖質量を50gに抑え、1回の食事で15gを目安にする。朝・昼・夜すべて炭水化物を控える。

② スタンダード糖質制限

1日あたりの糖質量を100gに抑え、1回の食事で30gを目安にする。朝と夜の炭水化物を控える。

③ プチ糖質制限

1日あたりの糖質量を180gに抑え、1回の食事で60gを目安にする。夜の炭水化物を控える。

いきなり①のスーパー糖質制限を始めると、頭がボーっとしたり集中力が切れたりしてしまうので、初めの1週間ほどは③のプチ糖質制限から始めるのが良いみたいですね。

私はいきなりスーパー糖質制限を始めましたが!

まずはじめは、夕食の炭水化物をなくす事からスタートするといいでしょう。それに慣れてきたら、朝食⇒昼食と糖質制限して行きましょう。

ここで体験談的ポイントです

しかし、糖質の量を減らしたいからといって、極端に食事を食べない事は良くないです。

続きません!

3食しっかり食べる様にしましょう。ダイエットはカラダ的なキツさと精神的キツさがあります。3食しっかりと食べることは、特に精神的キツさにたいして効果がある、と私は考えます。これも体験から言えることです。

また、食事の量ですが、お昼が一番多く、順に朝、夜となる様に心掛けます。

得に夜ごはんは軽く、21時までにすませましょう。勤め人にはこれが難しいんですが。

続きます!